2012年01月30日

Mk46mod0とレンジャー

私本当は小銃より機関銃が好きなんですが、陸特殊装備だと全く出番がありません・・・。
しかしレンジャー装備の時には使う事が出来ます、レンジャーは分隊に一人は必ず機関銃を携行している隊員がいます。



チョイ前のアフガニスタン、二人ともMk46を構えています。
最近と違いヘルメットカバーが無く、またプレキャリもRGです。
レンジャーでは他にもMk48やM240のような小隊支援火器、無反動砲や迫撃砲まで装備していたりと火器に関してはとても面白いです。


んで家の子です、G&P製Mk46mod0です。
赤風呂で中古品でしたが、ハイサイクルになっていましたが中身はそれはもう酷いもので、シム調整が適当でメカボをギアが削っていました。


スリングは官品の機関銃用、最近のフォトを見るとブルーフォースだかの洒落たヤツが付いているみたいですが男は黙って官品です、べ、べつに高くて買えないわけじゃないんだからね///
それと現行型のバイポッドは本当冗談じゃない値段なんで、ハリスバイポッドを使っています。

ちゃんとハリス使っているフォトもあります。


ちなみに本来G&Pは200連のプラマガジンしか使えませんが、部屋に転がっていたSTAR製M249用ポーチマガジンを改造してG&Pで使えるようにしています、斜め給弾から縦給弾に無理矢理改造しています。


これもちょっと前のフォト、イラク末期かな?ACUは最近まで国内訓練でも結構使われていたと思います、最近は訓練写真もマルチカムになってしまいましたが。
しかし殆どの機関銃手は200R SAWポーチ2個以上+100R SAWポーチ付けているんですよね、私もその位揃えたいんですがEAGLE製のRG色は結構レアで、実物RLCSともなると実はDIGI物並にレアだったりします。


ちょっと前のアフガンです、レンジャー装備だとMAP装備率が極めて高いです、それと私が喉から手が出るほど欲しいMSAPショルダーパッドも装備率高いです、この辺は最新でも変わりません。
MAPといえば最新ではYOTE型のマルチカムの物を複数の隊員が装備していました。

今日暇だったんで川越のKホビー行ってきたら、TAC-T製の.308用のダブルマグポーチ中古が¥1000だったんでつい買ってしまいました、どうしよう、もうEBRとか使わないし・・・使い道無い・・・しかも絶版品だから数も揃わないし・・・orz


  

Posted by KAM at 00:30Comments(2)

2012年01月27日

ORのグローブ

冬はATVの運転中手が非常に冷たいので、これまでは普通の手袋の上に冬季用のミトンを履いていたんですが、操縦性が悪いうえに防水性が無いので困っていました。

その為今回は、アウトドアリサーチの雪山用グローブのARETE Glovesを買いました。

素材の質感(光沢)、ストラップ類の位置から、SCARの寒冷地射撃テスト中のこのオッサンが着けているのもARETE gloveだと思います。


まあ普段使うにはちょっと大げさすぎる手袋ですね、ゴアテックスを使用していて防水性があります。


手の平側は滑り止め素材になっていて、ブレーキやスロットル操作も問題なく行えそうです。


このグローブは2重履きするように出来ていて、写真はインナーグローブ
伸縮性の素材で、内側がフリースになっています。


細かい作業等のためにアウターグローブを外す際、落としてしまわない為にストラップが付いています、絞りもグローブを履いたまま操作しやすい大型の物が付いています。


特にこいつの素晴らしい所は、裾側の黒とグレーのストラップにあります。


グレーの方を引くと裾が絞れます。

黒い方を引くと開放します。
こういった機能が手袋をしたままでも操作しやすいようによく考えて作ってあり、素晴らしいグローブです

これで後はATV TEKのDUST MASKがあれば、寒くてもATVでどこまでも行けるんですが・・・。



  

Posted by KAM at 23:08Comments(2)

2012年01月23日

EAGLE製MkⅥホルスター

初期アフガン装備用に買ったMkⅥホルスターなんですが、微妙に納得できない点がありました、太腿に巻くストラップが残念ながら現行のファステックス×ノンスリップベルトでした。


旧式の物は、このオッサンのヤツがそうであるように、ファステックスなんてナウいアイテムは使われていませんでした。


と言う事で部屋の奥から旧式のEAGLE製レッグストラップを引っ張り出して付け替えました。
昔のEAGLEはマガジンポーチから何から足に巻くヤツはこれでした。


流石旧式付け方も面倒臭いです!まずは一つ目の金具に通して・・・。


引っ張ります!ゴムのテンションがかかりますので・・・。


折り返して2つ目の金具に通します。

さらに折り返して先端と折り返した先がベルクロになっているので張り合わせて完成です!
面倒臭い!ホルスターが微妙に不安定!

超どうでも良いですねwww

ていうか一度組むときにばらしたんですが、最初金具組む順番分らなくなりましたwww

やっぱりファステックスは素晴らしい発明ですよ、新しい改良された物が一番良いです。
  

Posted by KAM at 21:53Comments(0)

2012年01月22日

自衛隊のスキーについて

今日は何もせず過ごしました・・・こうやって無駄に時間は過ぎていくのですね・・・。

今日は私の大嫌いな自衛隊のスキーの話など。

とりあえずキリッて感じの公式画像、11旅団だそうです、いつのまにか旅団化していたのですね・・・。

自衛隊のスキーを語る前に、皆さんはスキーにどんな種類があるかご存知ですか?
おそらく斜面を下る事に特化したアルペンスキーか、良くてオリンピック等に使われるクロスカントリースキー位でしょうか?
ちなみにカービングなんかはアルペンスキーに分類されます。

大きく分けて3種類になります

山を下るスキー
山を登る、走るスキー
飛ぶスキー

です、この内下るのに特化したのがアルペンスキー、走る事に特化したのがクロスカントリースキー、飛ぶ事に特化したのがジャンプスキーです。

アルペンスキーは足首を完全に固定し、鋭いエッジを効かせてかなりの速度域でも斜面でコントロールができるようになっています。
クロスカントリースキーはつま先のみをスキーに固定し、ターンが不要なのでエッジを廃し滑走面に溝を設けて直進性を増しています。
ジャンプスキーはどうでもいいので割愛。

と、それぞれのジャンルでスキーは特化してきたんですが、もともとスキーは実用品、上記に属さない汎用性のあるスキーも存在します、それが山スキーとテレマークスキーです、まあどちらも山スキーの分類ですが、大きく異なるので分けます。

この2種類のスキーはゲレンデやコースのような場所ではなく、自然の雪山に割って入るためのスキーです。

山スキーはビンディングが特殊で登りや平地では踵を開放し、斜面を滑る際は固定できる最強のスキーですが、重量があり、高価です。
テレマークスキーは最も原始的なスキーで、踵が常に開放されています。

上記の2種類は、滑走面に鱗状の滑り止めが付いていたり、シールという滑り止めを固定したりして斜面を登ることが出来ます。
また、エッジも付いているので斜面を滑る事が出来ます、テレマークの場合にはかなりの技術を要しますが・・・。

と、ここで自衛隊スキーの話に戻ります、自衛隊スキーに最も近いのがテレマークスキーになります、エッジがあり、滑走面に鱗状の滑り止めがあり、皮製の靴で踵が浮くようになっています、さらにクロスカントリースキーの特徴である滑走面の縦溝で直進性が増すようになっています。

 
見よ!この原始的なビンディング!・・・まさかの皮製です、時々信じられないタイミングで切れます、皮保護用のクリームで手入れを欠かさないようにしましょう。

 
ちなみに長さは単一です、でかい人は沈みやすく、小さな人は斜面で曲がり辛いです。
ちなみにストックも原始的なもので、山用の様に伸縮などしません、そして若い隊員はこれで背中を突付かれながら必死に走る事になります。

ようやく見つけた滑走面の写真、エッジ、鱗、溝が確認できます。

かなりの技術と練習を要しますが、斜面技術、滑走技術共に殆どの技が使用することが出来るようになるスキーでもあります。
東北や北海道のスキー場でたまに自衛隊が滑っていると思いますが、普通に滑っている人は上級者、上手い人は超上級者だと思ってください、初めての人はボーゲンですらまともに滑る事が出来ません、皆さんが使った事のあるアルペン用スキー靴とビンディングは凄い物なんですよ。

だいたい冬の終わりに師団(旅団)競技会があると思います、恐らく10~15Kgの重量の背嚢と銃を背負って、走る滑る登るの総合的なコースを皆で競いながら走ります、私のいた師団ではおまけにゴール地点で模擬手榴弾を特定地点に投げ込んでゴールでした・・・。

  
あと、競技会には2種類あって、上記の一般の部と、タフガイの集うアキオ曳航の部がありまして、アキオ言うのが上の写真のソリでして、まあ数十キロあるんですが、こいつに50口径ブローニングM2を載せて4人で引きます、悲惨です、たまに人が轢かれます。

まあ走り方が気になる方は、ようつべで「ダイアゴナル」「推進滑走」「一歩滑走」「二歩滑走」のクラシカル走法と「片足」「ラピッド」「スーパー」のスケーティング走法を調べてみてください、実際本気でやると吐きますwww。

  

Posted by KAM at 20:54Comments(15)

2012年01月12日

ハーレーダヴィッドソンのロゴ

皆さんもサバゲーとかで使う為のベースボールキャップを持っていると思いますが、どんな物を使っていますか?

私はちょっと前まではブラックホークとかのミリタリー向けの物を使っていましたが、正直あんまりカッコ良くない・・・。
意外と個性の出るオシャレポイントなので、自分の味を出して行きたい!

それで本職の方の写真や話を見ると、ミリタリーとは関係ないものが多いことに気付きました
「好きな野球のチーム帽」「息子の草野球チームの帽子」等かなり普通のものです


その中で私が気になったのが「ハーレーダヴィッドソンのロゴ入り帽子」でした、ATV乗りとしての雰囲気出しやすい気がします!
ある文章で出てきた人物で、CIAの方らしいんですが「長い髭と髪、着崩した服にハーレーの帽子、工作員というよりはバイカーのようだった」・・・想像だけで惚れてしまいます。


Special Forces in Afghanistan War against Terrorismさんで現在連載されているODA574の皆さん、よ~く見ると右の方にハーレーの帽子をかぶっている人がいます、ってサイズ直してないから見るの面倒臭え、そして今から直すのはもっと面倒臭え!よってこのままで。


こっちの写真では右端です、しかしこの写真2枚雰囲気出過ぎですね。


ハーレーのロゴと言えば最近大人気のこのオッサン、このパッチ欲しすぎる・・・。
でもタイガーストライプのコンパンとか無理だす。

で、まあ私はハーレーのロゴキャップ意味も無く2つ買いまして(中国製とタイ製)、しかも後一つ本命のハーレー純正がアメリカから向かっていたりします。
頭は1つしかないんですが・・・致命的にその中身が足りていません。



そしてハーレーなんて持っていません!さらに言うと2輪の免許持っていません!



M5 RAS買いました、明日には私の物では無くなるんですが、良い物ですねコレ


イノカツ製だそうで、刻印も良い感じですよ、明日ちゃんとお金持ってきてくださいね~ノシ  

Posted by KAM at 21:38Comments(6)

2012年01月09日

ホワイトベースさんに行ってきました

1月4日、ピースメーカーさんの貸しきり戦に参加してきました。


ここの所集めていた初期アフガンODA装備にしてみました


友達に乗せられてベッカーパトロールパックを背負ってみました、もちろんこれでゲームはしていませんが


一緒に行ってきたTF210のmotiさんと、お仲間のPJ二人
「おいここか?」「もう、そこはちがうって・・・///」


キリッ!


もう一人のお仲間マサさん


当日は寒かったので、わざわざ私たちが凍えないように薪を割りに来てくれました。


昼にはホワイトベースさんの方からのご好意で豚汁が振舞われました、とっても美味しかったし温まりました!



珍しくゲーム中の写真、超カッコいいODA装備のこの方は、諸事情により獅子奮迅の戦いをしていました。


ODA装備の2人がまた良い感じで戦っています。


この後彼らのチームで敵を包囲殲滅して某氏も胸をなでおろしていました。

この日motiさんが・・・motiさんの銃が予備も含めて故障してしまい・・・(´;ω;`)ブワッ

結局殆どゲームに参加できず、分解するのを止めて私の銃を貸せば良かったと後悔
これに懲りずにまた遊んでくださいね。  

Posted by KAM at 14:52Comments(5)