スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年03月07日

EAGLE製新型ラジオポーチ

今日は有給を取って家でまったり?MSAPプレート作りまくっていたんですが、レジンの製で手がボロボロですわ・・・。


新型のラジオポーチとは言っても磯のバッテリーポーチ付きのヤツではありません。
先日米陸軍公式で上がっていたこの画像、JTRS(Joint Tactical Radio System)試験運用中のレンジャーですが、何か変なラジオポーチ使っている・・・ということで探していたんですが。


(正直アフガンでのCRYE+RLCSのレンジャーのがよっぽどカッコ良かった・・・。)


なんて文句を言いつつちゃっかり見つけたらつい買ってしまう悪い癖が・・・。
「RP-MBITR-HF-MS5CCA(Radio pouch MBITR,Hinge front)」だそうで、ナイロンは500D、信頼の?ドミニカ製ですw
ちなみに隣のマガジンポーチは2005年?辺りのEAGLE製で、フラップがパチ物臭くなる前の物です。


HInge frontとやらで、これまでのMBITRポーチと違い自分向きに無線機を入れて、開いて操作できるようになっておりゴムで保持されています。


・・・RLCS終わりましたね、足りないポーチを補っている位で殆どEAGLEの改良型っぽいマルチカムのポーチに変わっている・・・。
色々調べると、EAGLEがポーチ類に改良を加えてリリースしているっぽいんですよね、ラジオポーチの隣のメディックポーチもそれ系な気がします。


このCPUポーチも良く分らんですね、パラクのOQO computer pouchに似ているんですが。

ていうかこれがショックでした、この前ケチってカーキを買ったCONDOR製のトリプルスタッカー、ちゃっかりレンジャーも使ってやがるwww
・・・マルチのにすれば良かった、ODAもマルチで行けたのに・・・orz

ってブログ書いてたら何か届いた、2個もいらぬw




そう言えばハートロックどうしますかね~初期アフLOVEなんですが・・・まぁまだ様子見ですね。  

Posted by KAM at 21:00Comments(0)