スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年07月31日

Blue Force Gear Vickers SAW Slingとか

ずっと欲しかったBFGのVickers SAW Slingを手に入れました、
沖縄の海兵隊からの放出品ということで、ラッキーな事に新品ながらかなり安く手に入りました。


まぁレンジャーでは官給品のMGスリングの方が安定っぽいんですが。

・・・FASTヘルメット?ナンノコトデスカ?
今までもちょくちょく混じっていましたが、空軍らしかったり判断に困っていたんですが・・・。
機関銃持ってたらほぼ確定でしょうか?
USASOC(陸軍特殊作戦コマンド)にかなりの数の納品が行われたという噂もありますし。



Vickers SAW SlingのPV


Vickers SAW Sling、パッドとかの作りはVCASと変わりませんが、黒い部分がノーメックス製で銃身側になり、
加熱した銃身と接触しても溶けたり焼けたりしないそうです。 このツートンカラーがたまりませんw

ちなみにさらにワンランク上にVickers M240 Slingもあり、10kgを超えるM240の負担を減らすようパッドが厚手になっています。


表記


なんと沖縄のオマケ付きw即日完食しちゃいました、美味しかったです!





GENTEX製LサイズACH



レンジャー装備だとヘッドセットをよく付けるんですが、ジャストサイズのMサイズヘルメットに
合わせると頭が痛い・・・、という事で先日のVショーで格安のLサイズを入手しました。

カーキで塗装した後油煙で燻しました、機械油系の揮発性の低い油を燃やすと煤が出て、これで燻した物は艶消しの黒になります、
これは元々自衛隊時代に覚えた事だったりします。

銃の照星や照門に艶があると、日の当たり具合で見え方が変わって着弾が「偏って」しまいます(集弾とは別)、
それを避けるために、照星や照門を燻して常に艶消しにして見え方を一定にしておく事によって、着弾の偏りを減らす事が出来ます。
まぁ他にも射撃を不安定にする要素は沢山ありますので気休め程度ですが・・・。

あと、あんまり真似する方はいないと思いますが、何かを燻してみたいという方は必ず屋外で火災、
火傷に注意しバケツの水と消火砂を用意して作業して下さい。 
そして物によって溶けたり燃えたりしますので注意して下さい、尚当方は責任を負いかねます。

脱線しました。

燻し後
左が今回購入したGENTEX製LサイズACH、右が以前から使用していたMSA製MサイズACH

この燻しの独特の色合いが好きです、使っていくとよく擦れる部分から煤が落ちていって、使用感が増すのがまた好ましいです。


一部の人にしかわからない話ですが、2nd GEN RGアイテムも燻したらわかりづらくならないかな~と試したんですが、
駄目でした、どうしても日に当たるとODっぽい・・・orz

  

Posted by KAM at 20:21Comments(14)