2012年09月04日

レンジャーグリーン




レンジャーグリーンのナイロンは年代でかなり色味が違います、特に初期の艶のないグレー色の物はGEN1と呼ばれていて、その中でも官給品のRLCSのGEN1は高値で取引されています、逆に緑の強くなったロット以降がGEN2と呼ばれ値段はそれなり・・・です。
私はこのGEN1の色味が好きで集めていて、個人的には「GEN2の官品よりGEN1の民生品」をモットーに集めているのですが・・・。


我が家のGEN1RG装備、しかし殆どが民生品です、画像では正直色味の違いがわかりません。

古いEAGLE製のRLCSはタグそのものが無いのが特徴なんですが、困ったことにタグの無い民生品も存在するために正直判別が付かず、前のオーナーを信じるしかありません・・・。

画像では色味が表現出来ないので非常に説明しづらいのですが、左がかなり新しいロットの民生品、右がGEN2官給品ですがどちらもGEN1と違い緑が強いです、特に右はお友達がドミニカグリーンという悪名を付けるほど緑が強く、太陽光の下で肉眼で見るとODと見間違える程です。 

ちなみにレプリカのレンジャーグリーンナイロンは、画像左の新しいロットの若干マシになったRGに近いと思います。
それでもGEN1との色の差は大きいですが。


画像右のポーチのタグのアップ、W911タグが付くようになったRLCSは地雷か・・・、と思えば。


MSAPだとGEN1だったりします・・・。


逆に古いグリーンタグや・・・。


Allied製は今のところ私の手持ちでは安定のGEN1ですね、過信は禁物ですが。

カーキタグは今のところ私の手持ちでは全てGEN2なので注意が必要ですね。
そういえばこの画像の色はわかり易いGEN2ですね、上の画像と見比べていただけるとおわかりになるかと思いますが
本当に緑が強いです、タグにRGと書いていなければODかと疑ってしまいますw




同じレンジャーグリーンで お前は一体何を言ってるんだいるんだ と思われるかもしれませんが、趣味なんてそんなものですよね。

  
タグ :RLCS

Posted by KAM at 22:37Comments(0)