2013年05月29日

Ranger MSAP KIT 2



つづき
今回は比較的使用されているらしい品


SIDE PLATE CARRIER(HIP POCKET)



付属のMSAP説明書を読んで納得したのですが、MBAVやRBSS+レトロフィット等の為の物ではなく、CIRAS(説明書ではRBAVと記載)
のようにカマーバンドにプレートを収納出来ない物の為のポーチです。

ちなみにEAGLE製の比較的新しいロットのタグでは「MSAP SIDE PLATE CARRIER」の名称ですが、
説明書や上記タグの括弧書きには「HIP POCKET」と記載されています。

それと面白い事に今回届いた品は左右違う風合いだったんですが、詳細は不明ですが水抜きの穴の作りが違いました。
本来別々に支給されたものだとは思いますが…勉強になります。

プレートを収納するのは勿論ですが、アドミンポーチとしての使用も見られます、個人的には官給アドミンよりこっちのがデザインが好きです。





SHOULDER PAD



本命です、MSAP装着による重量の増加を緩和する為のパッドですが、元々RBSSやMBAVは肩への負担が大きい作りで
MSAP支給前もCIRASのショルダーパッド等を流用して対処しているようでした。

MSAP支給後の画像では殆どの隊員が使用しており、また摩擦等で損傷してしまう物もあるようで放出品には補修品も見られます。

使用率が高い=マニアにも人気が高いで海外オークションでも比較的高値で取引されており、このパッドだけで安いアーマーが買えるほど。



息の長さも魅力的で、ポーチ類が更新されてもいまだ現役です。(画像は2013年4月)



MSAP KITの内容品は前回と今回の品+MSAP防弾プレートと説明書になります。



つづく

  

Posted by KAM at 20:00Comments(2)

2013年05月25日

Ranger MSAP KIT 1

幸運な事にレンジャーグリーンのMSAP(Modular Supplemental Aromor Protection)をほぼフルキットで入手出来ました、全て1stGEN RGナイロンです。


画像では省略していますがショルダーパッドのみ2セット入っています。
ほぼ、というのは本来このキットには防弾プレートが5枚入っているのですが、
今回は入っておりません、そのおかげで日本への輸入が出来ました。



Plate Carrier Retro Fit Kit

RBSSのようなカマーバンドを持たないプレートキャリアにカマーバンドを追加するキットになります。


所有していたレンジャーが酷使していたらしくドットボタンも良い感じです。


レトロフィット使用例 MBAV支給後もチラチラRBSS+レトロフィットの組み合わせを見ます。



Deltoid Protectors


Elastic Armband Straps

Molle Armband Straps


肩部防弾装備なんですが…デザインは最悪です、性能ではなく付けた見た目が本当にダサいです、防弾プレートを各1枚挿入。
ストラップが2種類付属し好みの装着方法が選べます、エラスティックアームバンドはシンプルにプロテクターを上腕に固定します。
Molleアームバンドはアーマーにプロテクターを固定する形になります、ゴムの伸縮で腕を動かせますが常に圧迫感があり自然と気を付けの姿勢にさせられます。



Groin Protector



みんな大好きチン〇アーマー、SPEAR BALCS用と同じサイズでソフトアーマーが互換です、
防弾プレートが1枚入るポケット付き。




Kit Carry Bag


今回地味に気に入った品です、程良いサイズの収納バッグになります。


内側に防弾プレートを収納出来るポケット付き。




つづく  
タグ :MSAPRG

Posted by KAM at 00:45Comments(0)

2013年05月12日

GAZA戦に参加してきました!

本日GAZAにて開催された510UNIT、ピースメーカー共催の交流戦に参加してきました!
















本日は主催の510UNIT様並びにピースメーカー様お疲れさまでした!
またご一緒した参加者の皆様も暑い中お疲れ様でした!
また是非ご一緒しましょう!









私は今回ミリフォトネタ装備でした、Mk12mod1にRBAVとあまり他に見られないレンジャーを真似ています。

持ってて良かった箪笥の肥やし、BHIハイドレーションキャリアOD


草で見えませんが珍しくM9拳銃をハンドガンマグポーチを増設したRLCSホルスターに挿しています、
レンジャーは確認した画像の統計上殆どの隊員が拳銃を携帯していないため、こういった特定の装備を除いて私も携帯しない事を心がけています。

フロントは見えないので何人かの隊員を足して割ったような感じにしています。
マガジンポーチは先日「へべれけそるじゃー」TOM氏に頂いたDBT製.308オープントップ(ありがとうございます!)
胸にはあるレンジャーの大尉を真似てMSAPサイドプレートポーチの上にハンドガンマグポーチにしました。


実は今日は電車での移動だったのですが、お友達がフィールド↔駅間を送迎してくれました!どうもありがとうございます!
  

Posted by KAM at 23:12Comments(8)

2013年05月06日

レンジャーのANVIS

今日はレンジャーでも使っているANVIS(Aviator's Night Vision Imaging System)の事など。


そもそもこの暗視システム自体が航空機搭乗員用らしいのですが、本家空軍特殊の方々やデルタがバリバリ使っていたり
陸軍特殊やレンジャーでも使用されているのを確認しています。


レンジャーでも使用されているタイプで特徴的なのがこの後頭部のバッテリーボックスですね、AVS-6,9,10等の対応暗視装置は本体に電源を持たない構造です。
この構造のおかげで暗視装置装着時のヘルメットの重量バランスが比較的良好ですね。
ちなみにバッテリーをマウントに入れるタイプの物もあるほか、Wilcox等でもAVS対応のマウントを作っているそうです。




レンジャーでもそこそこの割合で使用していて、比較的古い画像から今年の画像まで使用されている息の長さもコス的な強みです、でもMaritimeは勘弁な。
私的にはこのバッテリーボックスを取り付けたシルエットが恰好良く感じます。

画像が荒いものばかりですみませんが、恐らく使用されている暗視装置はAVS-6と思われます。




ANVISマウントの取り付け方法は複数ありますが、レンジャーはACHのライノマウントベースやMaritimeのVas Shroudに
専用の板噛まして付けているようです。





今回手放すという方から、以前国内の方が作られていたAVS-9のレプリカを譲って頂きました、ありがとうございます!




AVS-6が欲しいところですが無いんだから仕方ありませんね。


先日関西から遊びに来たレンジャー装備仲間の方とANVIS談義に花が咲きました。







  
タグ :ANVISAVS 6AVS 9

Posted by KAM at 17:08Comments(0)