2012年09月24日

Mayflower R&C製Assault Back Panel Type 1

引き続き更新中の装備の紹介、Mayflower R&C製Assault Back Panel Type 1を背中装備に選択しました。


先日のピースメーカーさんのゲームで実際に使用した感じです。


このバックパネルは小型のデザインで、最近の小型軽量のアーマーとの相性が良好です。


背面、一番上の列の幅が4コマ、本体側三列目から幅6コマになっています。


これはちょうどSAPI/ESAPIのMサイズに適合するサイズで、CRYEのJPC、MayflowerのAPC、TYRのPICO等のSAPIカットのキャリアにしっくりくるデザインとなっています。


面白いのは下の大型のメディックポーチ、取り外し可能です。


中はメディカル系ポーチらしいデザイン。


上側のポーチ、SOCOM issued NVG protective insert?を取り付ける事が可能らしいです、EAGLE製のPadded insertならば縦でも横でも入りますが、このInsertでは単眼のNVGしか入らないので微妙・・・です。


背面側本体にハイドレーションを入れるポケットがあり、50~70ozの小型のハイドレーションが入ります。


そういえば・・・MayflowerのタグにVelocityの名前が入りましたね。

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。