2016年10月22日

Heart Rock 7th 75th Ranger's(2nd Rifle Squad)

引き続き第2小銃分隊をご紹介します。



分隊長と2個射撃班からなる分隊で、比較的近距離における交戦を担います。
今回は第1、3分隊が前線での攻撃との想定の為、第2分隊は主に武器分隊及び小隊本部の護衛、弾薬運搬及び予備戦力を担当しました。





第2分隊長 ヘタレンジャー二等軍曹
分隊の指揮、および小隊との調整を担当。

今回は近接戦闘を得意とするのが彼ら2分隊だけの為、歩哨、斥候、部隊移動の先導、迂回攻撃等忙しい中での指揮だったと思います。




第1射撃班長 たつき三等軍曹
射撃班の指揮及び直接戦闘を担当。

射撃班を常に掌握、短時間でしたが分隊長がはぐれたため一時的に分隊長に。




第1射撃班自動小銃手 masa一等軍曹
小隊軍曹、分隊支援火器Mk46による支援射撃を担当。

本来小隊本部の小隊軍曹でしたが、参加できなくなってしまった自動小銃手に代わりMINIMIを担いでくれました。




第1射撃班選抜射手 満足野朗伍長
索敵及び精密射撃を担当。

調子は悪かったようですが、PVS22を装備した狙撃銃の存在感は圧巻。




第1射撃班小銃手 やーぽん上等兵
直接戦闘及び弾薬の運搬を担当。

第3分隊との人員調整により2分隊に合流(想定)、ただの小銃手と思う無かれBBQを得意とする。





第2射撃班長 ありよし三等軍曹
射撃班の指揮及び直接戦闘を担当。

射撃班を常に掌握し、迂回攻撃等で活躍した。




第2射撃班自動小銃手 かじ伍長
分隊支援火器M249による支援射撃を担当。

射撃班の中でも経験豊富なベテラン、強力な射撃を行ったがバッテリーが不安になる射撃音




第2射撃班擲弾手 スギ伍長
M320グレネードランチャーによる射撃や直接戦闘を担当。

交代で休憩をとる際、歩哨に就きつつ寝るという軍隊あるあるを敢行。



第2射撃班選抜射手 Takahashi陸将
索敵及び精密射撃を担当。

レンジャースナイパー等が使用するロングバイポッドを携帯、高い姿勢でも安定した狙撃が可能
(装備の写真探して後日追加します)




多くの場面で先頭に立って戦ってくれたのが2分隊でした、RLTW!




2d Battalion Rangers secures the area while in pursuit of militants in the Motosu district in Ahoghanistan on October 16, 2016. (U.S. Army photo by SSG. mattya-neco)











※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。