スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年01月22日

GEARLOG3 【ARMY Soldier】

昨日この記事をアップ後に次の記事を書いていたのですが、悲しい事に上書きをしてしまいました…


ギアログ3ではレンジャーは一般、SFG、デルタとともにUS ARMYチームとしての参加でした、
こういった形で組める機会は大変珍しいのでとても嬉しかったです。


今回カメラマンとして参加してくれたmotiさんが良い写真を残して下さっています、ありがとうございます!





































































素晴らしい機会を提供して下さった主催のMMR-Z様、そしてご一緒した全ての参加者様、ありがとうございます!
次回ギアログでまた合える日を楽しみにしています!

つづく  

Posted by KAM at 20:29Comments(0)

2015年01月21日

GEARLOG3 【Ranger's】


2015年1月18日に東京サバゲパークで開催されたGEARLOG3にレンジャー1個分隊と共に参加してきました!




今回のレンジャーズの装備は2011年にUSASOCが開催したCAPEX2011に参加したレンジャーを模しています、
初のヘルメットカバー合わせ!


(CAPEX2011 75th Ranger)

それと今回motiさんがカメラマンとして来てくれまして、良い写真を沢山残してくれています、本当にありがとうございました!


【GEARLOG Ranger's】







私とヘタレンジャーさんのパッケージ前で装備着て撮った写真が無い…(ノД`)・゜・。










つづく


  

Posted by KAM at 22:00Comments(0)

2014年12月28日

Safariland Ranger Regiment Holster



2014年も残り僅かという所でレア物届きました、レンジャー連隊向けに作られたと言われるサファリランド製ホルスターです。


本体はM9用で6034/35、6230、6325と同タイプのマルチカム、この本体にはカタログの市販モデルでは確認出来なかったQLS仕様です



NSNはRGR-6034-7312


残念ながら今回欠品していた大型フラップを取り付けるドットボタン


フラップを閉じるサイレントフック(懐かしい!)を引っかけるウェビングが固定されているのが大きな特徴です。


同形のホルスターの特徴で、内部のレールにより拳銃が保持されるため「ライト無し、M3X、M6X」いずれにも対応できます。








残念ながら欠品だった大型フラップ
どう見ても邪魔ですがこのホルスターの最大の特徴です




しかしサイレントフック懐かしい、SOMAV手放さなければ良かった…

今年も一緒に遊んでくださったすべての皆様、ありがとうございました!
来年もよろしくお願いします、良いお年を!
  

Posted by KAM at 21:00Comments(0)

2014年12月23日

12月21日 ピースメーカー様主催BCU戦

2014年ラストゲームに行ってきました





























































主催のピースメーカーの皆様今年もありがとうございました!
そしてご一緒した皆様も一年ありがとうございました!
来年も何卒よろしくお願いします!  

Posted by KAM at 21:00Comments(0)

2014年11月03日

10月19日 ピースメーカー様主催BCU戦

先月10月19日にバトルシティーで開催されたピースメーカー様主催のゲームに参加してきました。









































…ミリブロの写真投稿が面倒臭すぎて辛い

主催のピースメーカー様、そしてご一緒した皆様お疲れ様でした!またご一緒しましょう!  

Posted by KAM at 17:57Comments(0)

2014年09月15日

M240B

レンジャー携行火器三種の神器の一つ(と勝手に呼んでいる)M240Bを購入しました。



軽歩兵であり緊急即同部隊であるレンジャーは空挺降下で抱いて飛べるかどうかが装備の重要なファクター、
84mm無反動砲カールグスタフM3、60mm迫撃砲M224、そして7.62mm機関銃M240+M122トライポッドが空挺降下時に携帯出来る最大火力となります。



M240は有効射程距離が長く、平均交戦距離が長いといわれているアフガニスタンでも有効だそうです。

面目標
・トライポッド使用時 1100m
・バイポッド使用時   800m
点目標
・トライポッド使用時 800m
・バイポッド使用時 600m
制圧射撃        1800m     (米陸軍の野戦教範より)











銃身上部のヒートカバーは付けないのがレンジャー流、上記M240Bでも新型のM240Lに更新されても取り外しているようです。

それにしてもM122本体はあるのにM240に接続する為のSoft Mountが手に入らない悲しみ…
モデルになってくれたお二人ともお疲れ様でした!
  

Posted by KAM at 21:00Comments(0)

2014年09月15日

GEAR LOG2

9月14日にRAIDで開催されたMMR-Z様主催の装備好きのお祭り「GEARLOG2」に参加してきました!



























噂のギアログ・ブリスターパック・システムで撮影させて貰おうと思ったら、
斧持って撮影している益荒男がいたのでハンマーで襲い掛かったり…


そのまま仲良く撮影させて貰ったりしました。




大変楽しい一日でした!しかし先日のOES以降体力錬成をサボっていたツケが来て体がガタガタです!
終日復活戦なのに防弾プレート入れっぱなしにしていたのは失敗でしたw

MMR-Zの皆様本当に楽しい一日をありがとうございました!
そしてご一緒した皆様ありがとうございました!またご一緒しましょう!  

Posted by KAM at 18:25Comments(0)

2014年08月22日

Oparation Evening Star



8月17日に関東海兵連合様主催のシチュエーションゲーム「Operation Evening Star」に参加してきました!


事前に関東の方をメインにレンジャー装備仲間に参加者募集情報を拡散して頂いたのですが、
なんと関西の方々や新しくご一緒頂ける方々含め総勢12名の同志が集まりました、素晴らしい!
服装の統制にも快く応じて頂き本当にありがとうございました。

参加者は私たちの他に海兵隊歩兵2個分隊とロシア軍1個分隊、それと仮設敵数名でした。


ちなみに今回CSTの女性隊員が同行する事になりRLCS一式を貸与しております。



無線通信用にコールサインは適当にそれっぽい物を各人に付与したのですが、
ありがたい事にヘタレンジャー(仮)様が実際にパッチ化して下さいました、ありがとうございます!



今回のゲームの趣旨としては、架空の状況下における「指揮系統の存在するリアル指向のゲーム」となっておりまして
HR3rd以来久しぶりに分隊編成を組ませて頂き一個小銃分隊+予備射撃班一個で部隊編成をさせて頂きました。




一応基本編成は上記表のようにしましたが、今回はリーダーシップ研修も兼ねて何人かに分隊長(Squad Leader)と
射撃班長(Fireteam Leader)を体験して頂きました。

皆様戦闘指揮をするのは難しかったと思います、でもそれが当然ですので悔しがったり恥ずかしがる必要は全く無いです。
それらが出来るように厳しい訓練や下士官(陸曹)教育を受けている人達がいるのに
そう簡単に出来るはずがありませんからね。

ただ、軍隊がやっている事の一部を感じて頂けたり、イベントで誰かの指揮下に入った時に指揮官の意図が分かりやすくなる等
視野が広がって頂ければ幸いです。



今回は実働時間が長く忙しかった為に殆ど写真を撮れませんでした、特に行動中はゼロです。
自分たちの写真を撮る暇が無い以上、海兵隊やロシア軍の方々の写真も全く撮れませんでした…残念です。

写真を下さった方々ありがとうございます!











Fireteam A


Fireteam B


Fireteam C




実は一戦だけ動画の撮影に成功しました、
参加射撃班B、C(Aは待機)の通常一個分隊、分隊長及び班長を変更中
C班の機関銃手(M240B)視点です




主催の関東海兵連合様、そして参加者の皆様、本当にお疲れ様でした!
またご一緒しましょう!

  

Posted by KAM at 22:38Comments(0)

2014年06月15日

15日のBCU戦



6月15日にBCUで開催されたピースメーカー様主催のゲームにお仲間と参加してきました!



暑くなりそうだから装備合わせとか考えずに各人軽装にしといて下さいね、と伝えたはずなのにどうしてこうなった…
そういう私も1~2戦RRVメインの空挺降下訓練風の軽装備したら満足して、以降MBAVフル装備でしたが。

当日は久しぶりのゲームという事で、大はしゃぎで撃ったり撃たれたりしていました。
という事で最後の1戦だけ撮影させてもらい、以下その写真。




















主催のピースメーカー様ありがとうございました!
そして暑い中参加した皆様お疲れさまでした!またご一緒しましょう!


Green Beret(SFG) Maroon Beret(CCT) Tan Beret(Ranger)

  

Posted by KAM at 23:34Comments(0)

2014年06月09日

Rangers Night OPS

第75レンジャー連隊がオープンに公開する画像の中に夜間の画像が多く見られます。
訓練中だけではなく、比較的安全なパトロール等ですが作戦行動中の画像も公開されています。









せっかくのHR、夜間撮影したい…的な事をつぶやいたところ、レンジャー装備仲間の皆様から好感触な反応を頂き
皆様のご協力によりHR2.0での夜間撮影会が実現しました!

…言いだしっぺのくせに必要機材であるカメラ用三脚が壊れていたり、
発注した一眼デジ用のレリーズが間に合わなかったりしましたがそちらもご協力頂き大変助かりましたm(_ _)m



しかし実際にやってみると難しい!

上記画像でもそうですが、当然の事ながら作戦行動中の撮影ではフラッシュは使えません、数km先からでも居るのがわかりますからね。
という事で今回もそういった想定での撮影ではフラッシュは使っていません。


マニュアルでのISO感度、F値、シャッタースピード(SS)設定を夜間用に設定、SSを遅くしているのでちょっとした動きでも酷いブレになります。カメラは三脚で固定し直接触らないようレリーズ(タイマーでも可能)を用い、被写体の皆さんにも極力撮影の瞬間には動かないようご協力頂きました。




撮影場所は肉眼だと画像のように真っ暗です、ピントを合わせるのが難しく後で大きい画像で見るとピンボケ気味の画像が沢山ありましたね。






皆さんのご協力により4つのレプリカPVS-14の接眼レンズ緑LED加工品が揃いました、素晴らしい!



間接的に光を当てて演出してみたり、色付きの光を当ててみたり、皆のアイディアで面白い画像が撮れました。



ちゅうさんの撮影した画像、カッコイイ!



今回参加したレンジャー4名のそれぞれ一人ずつの写真と、その他適当に~













今回の個人的ベストショット、Ranger's井戸端会議



最後に帰ってきた宿営エリアの陸軍駐屯地前でフラッシュを使用して記念撮影



凄く疲れたと思います、皆様ご協力ありがとうございました!


  

Posted by KAM at 20:10Comments(0)

2014年06月01日

WMX200のレプリカが来てしまった様子・・・・



HR2.0から帰ってくると国際郵便の不在通知が来ていました、
中身はコチラ、WMX200のレプリカでした。





だいたい送料含めて$70いかないくらい、貧乏な私にはちょうど良いくらいですね。

moti先生が実物を買ったそうで、やっぱりエリートの方は凄いなぁと関心します。

今年に入ってからの写真では、確認できるだけでもレンジャーの方々個人携行火器の殆どがWMX200に更新されています、
部隊装備火器などでまだそこそこM3Xが使われていますがいずれ淘汰されていくんでしょうね。







  

Posted by KAM at 22:35Comments(2)

2014年05月20日

HR2.0 2nd ②

前回のタイトル修正しました、そういえば2.0でしたねw
開会式と2日目朝礼の写真を適当に貼ります。
















レプリカ、実物、民生品の3種類のRLCS PACAの違いを検証中、
彼らの着用しているレンジャーカスタムDCUについてもそのうちお話したいところ




短い時間でしたが市街地エリアにも侵入しました、
皆が準備している間にちょっとお宅を拝見してみると…







時間が無くて(約5分)ドアエントリーごっこの撮影が殆ど出来なかったのが悔やまれます、
ドアを破壊して良い事を知っていれば「外開きのドアを外から引っこ抜くツール」を準備したのですが(´・ω・`)




















昨日仲良くなった羊飼いが…


今日の敵だった



  

Posted by KAM at 22:02Comments(0)

2014年05月19日

HR2.0 2nd ①

HR2014、今回は参加するつもりで装備等バッチリ揃えたんですが直前にモチベーションが全て吹っ飛んだ為、
今回もまた見学撮影させて貰いました。

今回は陸軍特殊部隊5名+レンジャー4名+CCT2名の混成チームにお邪魔しました。










































RPG-2を私に何発も一生懸命撃って頂いて方がいたのに小芝居せずに申し訳ありませんでした、
ロケット花火の発射煙を撮りたくて必死でしたm(_ _)m

  

Posted by KAM at 22:29Comments(0)

2014年03月23日

WW3 U.S.MARINES



海兵隊装備のお友達が参加するという貸切ゲームの見物に行ってきました。
タイトルを見てワクワクして来た他の参加者の方には申し訳ないですが、海兵隊装備の方々メインです。



























今日一番感動したのがこれ、SMAW!
私が個人的に最もデザインの好きな火器の一つです。
形状を再現しただけでも凄いのに弾頭部と発射装置が実物同様分離できるのが凄い!












人に慣れた猫がいてほっこり。





  

Posted by KAM at 23:06Comments(2)

2014年03月21日

Rangers Field Training eXercise



Mar 16,201X
3rd Bn,75th Ranger Rgt
Union Desert maneuvering range



16日にユニオン砂漠演習エリアにおいてFTX(野戦演習)を実施
射撃班単位での戦闘訓練、今回は主に制圧射撃を活用した交互前進について演練
使用火器は各班M4A1小銃×3、Mk46mod1機関銃×1、弾薬は空砲を使用、状況開始までにブランクアダプターの取り付けを忘れない事
今回は安全管理上演習弾を含め手榴弾及びグレネードランチャーの使用は禁止



まずは体を慣らすために1名が援護し3名が前進する訓練を交代で実施、
目標に肉薄する事を優先し掩蔽物まで銃を構えずに最大速度で移動する











体が温まった所で2×2で交互前進の訓練を行いつつ
攻撃目標である家屋のあるエリアに接近する















目標周辺のエリアに到達、制圧を開始する






家屋及び周辺を制圧し目標を達成、状況終了









なんてごっこ遊びしてました
光学機器を付けたら実物MINIMI(7.01kg)より重い8kg近くになるMk46を持って走るのは辛かった…

しかしUCP迷彩とレンジャーグリーンは合いますね、迷彩効果はアレですがまたこうやって皆と合わせたいです。


たまには服装/装備を解説


ACH
Wilcox L3G10
Surefire HL1
Petzl Tactikka plus
MS2000
COMTAC2
Oakley M frame2.0

服装
ACU/UCP
PCU L5(GEN2)
ACU Boots
Arc'teryx Knee Cap
Oakley Factry Pilot Glove

装備(Eagle)
MBAV
SAW 200rd Pouch×2
SAW 100rd Pouch
Frag Grenade Pouch
Handgun Mag Pouch×3
Frashbang Pouch×2
Medical Pouch
M9 Holstar
MAP

Paraclete MBITR Pouch×1

ポーチは腹部分にハンドガンマガジンポーチやグレネードを配置、脇にかさばるSAWポーチを分散して伏せやすくしています。
イラク戦の装備だとあまり伏せないのか正面にも200rdポーチを配置したレンジャーが見られたりします。

それとACU/UCP着用にしては高年式な装備と思われるかもしれませんが、戦地でCRYE上下を着ている年代でもACU/OCP
が支給されるまで国内訓練や勤務服装ではUCPが見られました。





あとゲーム中の皆さんのご様子
















お疲れ様でした!また一緒に遊びましょう!



  

Posted by KAM at 16:48Comments(0)

2014年03月18日

16日のデザートユニオン戦

先日デザートユニオンで開催されたピースメーカーさん主催のゲームにお友達と参加してきました!




相変わらずエアガンの整備が適当で接点が焼ける、電動マガジンのモーターが焼ける(´;ω;`)
代わりに沢山写真を撮影させて貰いました。




























主催のピースメーカー様ありがとうございました!
参加した皆様もお疲れ様でした、またご一緒しましょう!


今回もご一緒して下さったヘタレンジャーさん達とACU/UCP着用で2010年以降の国内訓練をイメージして合わせました、
写真も沢山撮影させて頂いたので次回ご紹介します。













  

Posted by KAM at 20:00Comments(4)

2014年02月05日

秘密戦隊 Five Rangers!



今年初のゲームはピースメーカー様主催のRAID戦に行ってきました。

今回はお仲間とヘタレンジャーズ様方、そして前回忙しくてご一緒出来なかったエリートサラリーマンmoti氏も参加しての
ゴレンジャー+PJで参加させて頂きました!




今回は真面目に参加していたのでゲーム中の写真はわずかです。









ゲームの後は楽しい撮影会です















アフガンの腰ほどの草が茂る草原に潜む男性が、一列横隊で捜索している米軍(説明ではレンジャー)に
一矢報いようと立ち上がった瞬間メッタ撃ちにされる動画を昔見まして…

皆さん恰好良く歩いて下さったのですが、写真で上手く表現できない技術の無さがもどかしいです。








RAID様、主催のピースメーカー様、ご一緒して頂いた全ての皆様、楽しい時間をありがとうございました!
またご一緒しましょう!










  

Posted by KAM at 23:46Comments(0)

2014年01月28日

OPS-CORE Fast Maritime Helmet

FMA製のFast Maritime Helmetレプリカがようやく発売されました、前々からその為に集めていた各オプションがやっと付けられます。








VAS-ShroudやヘルメットカバーにARC仕様のPeltor製COMTAC3


東京装備さん製のブラストゲージやHelstar5、殆どがMaritime Helmetの為に準備していた物です










将来的にL4G24+PVS15のスタイルを再現する際にカバー純正のカウンターウェイトポーチを取り付けることも可能です。








それと先日の26日に開催されたピースメーカー様主催のRAID戦に5人のレンジャー装備が集まりました!
その時の様子はまたの機会にご紹介します。












  

Posted by KAM at 22:47Comments(0)

2014年01月04日

LBT-1547A Ranger Pack

LBT-1547A
Ranger Pack National Stock Number (NSN)#8465015114714
"Backpack"


Main compartment, dual zippered, approx. 18” H x 13” W x 4” D
Front accessory compartment approx. 18” H x 13” W x 1” D
Overall dimensions approx. 17.5L x 13.5W x 7.5 H
Weight: 3.5 lbs
Color:OD




Covered ports for (1) hydration tube and (2) comm antenna
Heavy-duty reinforced carry handle



Securing harness in main compartment for comm. gear; capable of carrying full loads + a AN/PRC 117 with two 5590s.
Internal pocket for hydration bladder



Adjustable padded shoulder harness with quick disconnect, sternum strap built in for added support across the chest and upper back
Adjustable waist strap, used for equalizing load across the hips
Padded back surface which duals as an internal frame, keeping the pack formed and preventing it from becoming misshapen while on patrol



Pockets on sides of pack for (3) M127A1 parachute flares
Compartment on side of pack to carry medium sized comm. gear or smaller with spare batteries/crypto




Parachute harness attachment webbing (type 8)




Modular attachment points on the front and bottom of pack, compatible with all U.S. Military ALICE components.






  

Posted by KAM at 21:00Comments(0)

2013年12月27日

Ranger Multicam Pouches

なんか変な広告が出てる…。


飽きた+面倒臭いでブログは半放置ですがゲームにお邪魔したり買い物したりは相変わらずです。
近年のEAGLE Industries製5CCAなポーチ類もだいたい欲しい所は揃いましたのでそのご報告。





まずはAdmin Pouch W/Flashlight Holder V.2





一時期前まではかなりレアな品でしたが、Eagleが民間向けも増産したらしく弾数が増え特に珍しくも無くなりお値段も普通になりました。
ご覧の通りWith Light型のアドミンポーチの改良型です。








40mm pouchとM60 Ammo Pouch






素材以外特にバージョンアップしていないもの二つです。


M60ポーチは中に仕切りが付かなくなりました、それとSAW 200rdポーチが行方不明です。









Utility Pouch V.2



ユーティリティポーチは外観がかなり変わりましたが実は本体の作りは特に変わっていません。
旧ユーティリティはあまり使われていませんでしたがV.2になってから使用画像がグンと増えました。 
しかしこのポーチはあまり出回っておらず高値が付きます。


メディカルポーチV.2と同じく口にフラップが追加されましたが正直邪魔ですね、案の定切り取って使用しているレンジャーも確認しています。









個人的に優秀な改良だと思うCanteen/General Purpose pouch V.2



ファステックスとストラップの取り付け方向、位置が変わりました。


フラップの長さが延長されています。


特に良い改造がここ、放出品だとたまに切断されている口を絞っている邪魔なゴムが紐で絞る巾着型に変更されています。


中にNVGインサートを固定したりフラップを入れ込んで固定するポーチ内側のベルクロも健在です。
個人的にはお気に入りのポーチですが使用例は多くはなく弾数も少ないです。







上記ポーチ類は並べてあるように対応する旧RLCSポーチがありましたがこれは無かった品。
Mgazine Dump Pouch Roll Up、みんな大好きダンプポーチです。






いくつかのポーチと共に追加支給されたらしく、ある時期から唐突に使用画像が出てきたポーチです。

…実はこのダンプポーチ、よく説明を聞かずに取り寄せたら1000Dだったという痛恨のミスを犯しました。
レンジャーの支給品を調べる限りこれも500Dの物の筈なんですよね…一応コレも官品ではあるのですがorz


それとこのダンプポーチ、実はあるメーカーの品とほぼ同形状です。


  

Posted by KAM at 21:00Comments(0)