スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年11月24日

ヘタレンジャー(仮)コラボMOUT トレーニング

先日ついにヘタレンジャーブログ(仮)様達とご一緒する事が出来ました!
レンジャー装備をやっているお仲間は少ないのでこうやってご一緒出来るのは非常に嬉しいですね。












という事でゲーム中の画像は程ほどにせっかくなのでスタックを組んで頂きました、本当は戦闘員4人+撮影係が理想なのですが、
残念ながら3人スタックとなります。




建物間は機関銃等の援護下で一気に移動します



今回1番手がバックパネルを付けて4発のフラッシュバンを携帯、2・3番手もスタックが入れ替わった時のために背中にフラッシュバンを携帯しています(打ち合わせ無しでも付けてくれていて感動しました)。



2番手が1番手の背中のフラッシュバンを取り室内に投げ込みます。





フラッシュバンの炸裂後に1番手から突入します。



各番手の配置や射角とかは説明が面倒臭いので省略します。



クリアしたらサイリュームなどでマーキングして次に移ります。









ドアエントリーごっこ




2番手がフラッシュバンを準備しつつ…



3番手(ブリーチャー)がドアまで前進



両開きや奥まったドアは対処が難しいので、今回想定上右ドアは壁ないしハメ殺しという事にしています。



3番手が何らかの方法でドアを開けたら2番手がフラッシュバンを投げ込みます(爆薬を使用しない場合)。

本来状況的にドアを蹴破る所ですが、フィールド様の備品ですので今回は妖精さんが優しく開けています
器物損壊ダメ、絶対



フラッシュバンの炸裂後1番手から順に突入します。



3番手も後に続きます。




最終的にTAKEいくつまで撮ったのかな?疲れる撮影にお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m



レンジャーの3大NVGマウントが揃っていて素晴らしい。

当日は皆様本当にお疲れ様でした、またご一緒しましょう!
そして今度は今回ご一緒出来なかった皆様とも装備合わせできる事を切に願います!

  

Posted by KAM at 10:00Comments(2)

2013年11月04日

お出かけ

面倒臭くてブログには上げていませんでしたが、色々買ったりお友達とゲームに行ったりしていました。

しかしミリブロ使い辛くなっていますね!面倒臭さ倍増で次を書く気力が消し飛びます。






































































え?何コレ、本当に使い辛い…ミリブロ撤収すべき時が来ましたかね…(´・ω・`)
  

Posted by KAM at 20:22Comments(0)

2013年09月28日

Heart Rock 2013



という事で、行かない行かないと言っていたハートロックに海兵隊のコンバットカメラマン?的な感じで参加してきました。

そもそも今回は、様々な理由で当初からレンジャーコミュニティの皆様が参加できない状況で、
かつ私自身もハートロックへの連続参加に疲れていたところでした。

しかし海兵装備のお友達からお誘いを受け、いずれやってみたかった「撮影や戦闘状況の把握」を中隊本部付としてフリーでやらせて頂く事になりました。

勿論他の方の写真に写りこんでしまっても問題ないように、お借りしたSPC、LWH、アサルトパックにM16A4のフル装備での参加です。


ご協力頂いた海兵隊装備の皆様本当にお疲れ様でした、皆様本当に凄かったです、その素晴らしい活動に参加できた事を嬉しく思います、またどこかでご一緒した際はよろしくお願いしますね。



前回は真面目に書かせて頂きましたので、今回は皆さんの楽しそうにしている所や意図的に抑えていた海兵隊以外の皆様の写真などをご紹介します、時系列も部隊も適当でバラバラになっています。






























































そういえば来年のHRの話も出ましたね、5月に軽井沢、平坦な土地にかなりの数の建物もあるとか。

一番の問題はドレスコードですが、どの噂が本当でもまたレンジャー枠はお休みの可能性が高い…かも?  

Posted by KAM at 18:42Comments(2)

2013年09月26日

Heart Rock 2013 DAY2



”Heart Rock 4th”
Sep. 22nd Aho-Stan
SSG. KAM
U.S.Marine Copes


06:00 点呼



08:00 戦闘準備







09:00 "LZ- "に展開



09:10 地点"P22"へ前進




09:22 ”Unknoun Technical"を視認



09:25 第2小隊を地点”P22"南東”Unknown Technical"の射線直前に移動、第1小隊は地点”P23”方向より迂回浸透



09:48 "Unknown Technical"が部隊と接触する前に移動したため、警戒しつつ地点”P22"を確保し防御態勢を整え斥候を出す






10:23 "     "より支援要請があり、地点”P21"へ第2小隊1分隊が支援に向かう



10:32 第2小隊1分隊が地点”P21"にて”    ”と合流、”Unknown Men”と対峙しており素早く支援体制を整える


10:36 ”Unknown Men"の一人がIEDを起爆、遠巻きに見ていた”Enemy Rifleman"と銃撃戦となる



10:42 ”Enemy Rifleman"が負傷者を出しつつ撤退する、分隊にも3名の軽傷者が出たもののコアマンが治療を行う



10:46 "    "がボディカウントしたところ、敵兵の負傷者の中に"    "容疑者を発見し連行して行った



10:55 第2小隊1分隊、地点”P21"から撤退し地点”P22”へ移動する



11:05 地点"P22"へ"Enemy Platoon"の襲撃、地点”P21”方向からの追撃を第2小隊が、地点”P13”方向からの攻撃を第1小隊が迎撃






11:25 多数の死傷者を出しつつも”Enemy Platoon"の迎撃に成功、その後第3中隊と交代しFOB”Hotel Quebec"に移動する





11:50 FOB”Hotel Quebec”に到着、補給と休養を行う

 (部下に多数の死傷者を出し、珍しく大尉が打ちひしがれていた)



12:40 補給と再編成を完了し、地点”P24"から地点”P23"を経由し地点”P22”へ再度前進




12:48 地点”P22”直前で”      ”チームリーダーの叫び声「気を付けろ!地点”P21"方向に”AAgun Technical"がいる!」



12:50 第1小隊を素早く移動、地点”P22"北西方向に駆け抜ける、第2小隊は”AAgun Technical"を警戒



12:53 第1小隊、地点”P13"方向の”Enemy Squad"に対し”       ”及び"       ”と共同で攻撃開始








13:00 第1小隊及び”      ”、”       ”の攻撃により、地点”P13"の”Enemy Squad"を殲滅、
    第2小隊の攻撃により”AAgun Technical"が撤退し状況終了




  

Posted by KAM at 00:55Comments(4)

2013年09月20日

Rangers Blast Gauge

東京装備BAKAのmorizo氏が再現したDummy Blast Gaugeをついに販売されるようです!

レンジャーでも装着が多数確認できるので非常に気になっていました、大変ありがたい事です。









詳しくはメーカーのHPかミリブロニュースをご覧ください。
メーカーの説明の方に書いてありますが、確実に爆圧を測定するために3方向3ヶ所に付ける事を推奨しているようです。


それらしい物が3ヶ所に取り付けられてるっぽい写真


販売はハートロック会場でガミーズさんにて行われるそうです。

よ~し!買いに行きますよ!  
タグ :Blast Gauge

Posted by KAM at 15:50Comments(0)

2013年08月26日

DBT Removable Assaulters Panel

先日長い間探していたDBT製のRemovable Assaulters PanelのRGが手に入りました、レンジャー関係の動画ではお馴染みのやつですね。


使用例 Ranger Rendezvous 2011




市街地近接戦闘向けのバックパネルで、フラッシュバンポーチ×4、ユーティリティ/医療ポーチ×2、ブリーチングツール用パイプ固定用のハーネス×1で構成されています。
これはポイントマンの使用を想定したものと思います、まぁ状況でどんどん入れ替わるものですが…。


フラッシュバンポーチ
試しにエスコートのESシュミレータ(短くカット済)等を試しに詰めています。


ポーチ2カ所
パラクのバックパネルなんかではこの辺はメディカルポーチのイメージですが、レンジャーはメディカルポーチの位置が比較的安定しているのでどうでしょう?


ブリーチングツール固定用に塩ビ管を付けていますが別売りです、レンジャーはハンマーやバールのような物を突っ込んでいるのを確認しています。


背面
実はEAGLEのプレートキャリアのS/Mサイズだと横が1コマ足りません。


このバックパネルの売りの一つがPALSウェビング固定式のバックパネルベースですね、色々なアーマーでバックパネルを使用できるようになり、またこれにはDBTのほかにパラクレイトのバックパネルも固定出来ます。

USASOC訓練展示でレンジャーが使用していたパラクのバックパネルはこれでMBAVに固定していたのかな?と考えています。

  

Posted by KAM at 21:57Comments(0)

2013年08月23日

Ranger other porches

お仕事がしんどい今日この頃…

ゲームもろくに行けていない状態ですが、レンジャー絡みのポーチは少しずつ増やしています。

TYR tactical製TYR Triple Open Top 7.62 Mag Pouch


お世話になっている方に「これTYRのじゃない?」と言われて始めて意識して見ましたが、
確かにリテンションコードの取手のコヨーテの滑り止め素材や縫製がそれらしいですね。




このポーチのポイントは.223のマガジンでも.308のマガジンでも関係なく使用してくれているところですね、
M4ユーザーもMk17ユーザーも許容してくれるのはありがたいです。



それとREALMENTさんで取り扱い中なので入手しやすいのも素晴らしい。






PARACLETE製Medical Firing System


RBAVの胸を埋めるために買ったのですが、実は最近の画像でも使用が確認出来るポーチです。




胸に着けると私のMediumサイズだとちょっと大きく、またパラク先生の奇数コマのおかげで上手く付きません。



最近の使用例





EAGLE Industries製Grid Reference Graph Pouch(GRG Chest porch)



今回ご紹介する中で唯一RLCS増加キット内容品です、前オーナー曰く放出品
銃のストックあたりにも付ける事が出来そうなデザインですが、画像のような胸に付けての使用を想定して購入





上部二箇所のループで吊るだけの簡素なデザインで、地図などが入ります
一見ブラブラしそうですが、ループの縫製の仕方と自重の軽さで意外に動きません。



実は内側が収納になっていて、本来フラップがありベルクロで蓋が出来るのですがこれは切り取られていました。  

Posted by KAM at 23:38Comments(0)

2013年07月30日

Ranger Safety Lanyards



今回運良く入手元曰くレンジャー放出らしいセーフティランヤードを入手しました。



TSSI製TACOPS® Multi-Aircraft Tetherです(画像下、画像上は比較用AWS製Safety Lanyard)

海外出の情報だったか?ではAWS製と言われていてそれを信じていましたがまさかのTSSI製。

ただ少し前の年代だとまたこれとは特徴が違っていて、それこそAWS製かと思いきや今度はDBT製説もあって少ない画像で調べるのは本当に難しいです。







比較的新しい画像ではほぼこれだと思います。

AWS製とパッと見た目は変わりませんが、よく見ると確かに違う物です。

TSSI製かな?と判断する特徴は3つ。



まず目立つのがこのタグですね。



次に金具、TSSI製は首が回るようになっています、それとランヤードの固定の仕方が縫い付けではありません。
金具の輪の部分がランヤードで覆われる形で遠目にもわかります。



最後にランヤード自体の違い、上がAWS製で下がTSSI製です。



冷静に考えると、こんなただの紐に金をかけて本当にこの趣味は…。  

Posted by KAM at 22:47Comments(0)

2013年07月28日

RAID戦に行って来ました

28日ピースメーカー様主催のRAID戦にお邪魔してきました。





































今日はCRYE装備の分遣隊の方々の統一感が非常に素晴らしいものでした、羨ましいですね。

本日は暑い中主催のピースメーカー様、そして参加者の皆様本当にお疲れ様でした、またご一緒しましょう!






今日は誰もレンジャー装備で合わせてくれる人がいない…という事で久しぶりにACU/UCPを着てみました。


へべれけそるじゃーTOM氏のパクりでM870MCS風ブリーチングショットガン装備にしています。


しかし残念ながら「ポーチで隠れてよくわからないだろう」という安易な考えのもと氏のような細かい再現をしていないやっつけ仕様です。
さらに簡易トイレでのドアブリーチング風画像もパクりです。






  
タグ :RAID

Posted by KAM at 23:16Comments(0)

2013年07月07日

Vショー見学とOutdoor Research Overlord Gloves

今日はVショーを冷やかしに行ってきました。
仲良くして頂いている方々とお話したり、SNSでしかやり取りをしていなかった方と直接会ってお話する事が出来た有意義な一日でした。

その他今レンジャーというか一部SOCOM隷下部隊で一番熱いヘルメットの現物を初めて見たとか、
某機関銃エアガンの最新パーツ類の現物を初めて見たとか色々ありました。


ちなみに今日会場で非常に気になったのはこの画像の中に3個程写っているあるアイテムです。





Vショーのお話はここまで。

今まで使用していたOakleyのパイロットグローブがズタボロな為、
近年のレンジャーがよく履いているOutdoor Research製のOverlord Gloveを購入しました。





特徴:難燃素材です、以上。
  

Posted by KAM at 22:01Comments(0)

2013年07月05日

Ranger Backpack

最近仕事が忙しく、この間も家に帰って床に寝転がって気が付いたら朝だった…




レンジャーといえば地味に定番のアリスパック、訓練でよく見ますがアフガンの画像でも見かけます。
この画像良いですね、ジャンプ仕様のハーネスを確認する事が出来ます。


他にも画像のLBT 1562A?とかM9みたいなメディックバックとか


同じメディック系でも大型のEAGLE製Litter bag?みたいなのも


そういえばEAGLEのRanger Medic Bagも使用画像出てきましたね、あんまりに身も蓋も無い名前なんで画像出る前に見かけた時にスルーしてしまった…orz











今日の本題、DBT製のRTO SOF Backpackを購入しました。



A3Packより一回り大きいです、マンパックラジオの収納と空挺降下での使用が想定された作り
DBTのRGはEAGLEの1stGEN RGと同色なのが嬉しいですね


背面は若干通気性を意識した作りですがあまり効果は無い感じ
黒い部分がスベスベした素材になっていて、10kg程重りを入れて背負って5km位走ってみましたが背中が擦れてイマイチ
アーマーの上ならば…ミステリーランチのBVSの方が良いですね


腰のパッドの裏にパッドベルトを通す事が出来るようになっていて、ズレ防止用のベルクロが見えます


DBTのパッドベルトが手に入らないのでBWG製の物で代用、対応するベルクロが付いているのでそのまま固定できます


上側の収納にはベルクロ付き、NVGインサートとか固定できそうですね


側面、あまり収納力は無い感じ



底部にもポケット


メインパック内、口が大きく開きます、ジャンパブルらしく堅牢な作り
マンパックラジオを固定するハーネスが付いています、DBTお得意の滑り止め素材でしっかり固定できそうです


なんか吊れそうな感じですが詳細不明


メイン蓋裏、取り外し可能なポーチ付き


側面ポケット内側にハーネス内蔵


上面身体側にアンテナやケーブル、ハイドレーションのチューブを通す事の出来る口があります、
ジッパーとベルクロの2重ロック


イメージとしてはこんな感じです、マンパック用アンテナが無いのでThalesのブレードアンテナで代用




FでもGでも良いので欲しいところです  
タグ :DBTRTO SOF PACK

Posted by KAM at 21:00Comments(0)

2013年06月26日

WB定例会に参加してきました。

先日のゲームが雨で中止になった事もあり、23日にお友達衆とホワイトベースの定例会に参加してきました。

と言っても珍しく真面目にゲームに参加していたため殆ど写真を撮っていません。

写真は当日急遽ご一緒たらこマヨ!!さん達と







当日参加した皆様お疲れ様でした、またご一緒しましょう!  

Posted by KAM at 22:38Comments(2)

2013年06月13日

Ranger MSAP KIT 3

MSAP編ラスト





説明書に従って、プレートキャリアを盛ってみました。



BALCS用のNeck Guardを付けるとの事なのでレプリカですが引っ張り出してきました。


ダサいDeltoid protecter


後ろ、せっかくなので必要ありませんがRetro Fit付けてみました。


CIRASやRBAVと違いプレートキャリアにはGroin Protectorを取り付けるファステックスがありません、
ですので一度ファステックスを外してからウェビングにストラップを通し…


ファステックスを付け直す事によって落ちないようにします、こんな不便な作りでは誰も使いませんね。



週末は久々のゲームです!「戦争だ。我々にはそれが必要だ」


  
タグ :MSAP

Posted by KAM at 21:18Comments(0)

2013年05月29日

Ranger MSAP KIT 2



つづき
今回は比較的使用されているらしい品


SIDE PLATE CARRIER(HIP POCKET)



付属のMSAP説明書を読んで納得したのですが、MBAVやRBSS+レトロフィット等の為の物ではなく、CIRAS(説明書ではRBAVと記載)
のようにカマーバンドにプレートを収納出来ない物の為のポーチです。

ちなみにEAGLE製の比較的新しいロットのタグでは「MSAP SIDE PLATE CARRIER」の名称ですが、
説明書や上記タグの括弧書きには「HIP POCKET」と記載されています。

それと面白い事に今回届いた品は左右違う風合いだったんですが、詳細は不明ですが水抜きの穴の作りが違いました。
本来別々に支給されたものだとは思いますが…勉強になります。

プレートを収納するのは勿論ですが、アドミンポーチとしての使用も見られます、個人的には官給アドミンよりこっちのがデザインが好きです。





SHOULDER PAD



本命です、MSAP装着による重量の増加を緩和する為のパッドですが、元々RBSSやMBAVは肩への負担が大きい作りで
MSAP支給前もCIRASのショルダーパッド等を流用して対処しているようでした。

MSAP支給後の画像では殆どの隊員が使用しており、また摩擦等で損傷してしまう物もあるようで放出品には補修品も見られます。

使用率が高い=マニアにも人気が高いで海外オークションでも比較的高値で取引されており、このパッドだけで安いアーマーが買えるほど。



息の長さも魅力的で、ポーチ類が更新されてもいまだ現役です。(画像は2013年4月)



MSAP KITの内容品は前回と今回の品+MSAP防弾プレートと説明書になります。



つづく

  

Posted by KAM at 20:00Comments(2)

2013年05月25日

Ranger MSAP KIT 1

幸運な事にレンジャーグリーンのMSAP(Modular Supplemental Aromor Protection)をほぼフルキットで入手出来ました、全て1stGEN RGナイロンです。


画像では省略していますがショルダーパッドのみ2セット入っています。
ほぼ、というのは本来このキットには防弾プレートが5枚入っているのですが、
今回は入っておりません、そのおかげで日本への輸入が出来ました。



Plate Carrier Retro Fit Kit

RBSSのようなカマーバンドを持たないプレートキャリアにカマーバンドを追加するキットになります。


所有していたレンジャーが酷使していたらしくドットボタンも良い感じです。


レトロフィット使用例 MBAV支給後もチラチラRBSS+レトロフィットの組み合わせを見ます。



Deltoid Protectors


Elastic Armband Straps

Molle Armband Straps


肩部防弾装備なんですが…デザインは最悪です、性能ではなく付けた見た目が本当にダサいです、防弾プレートを各1枚挿入。
ストラップが2種類付属し好みの装着方法が選べます、エラスティックアームバンドはシンプルにプロテクターを上腕に固定します。
Molleアームバンドはアーマーにプロテクターを固定する形になります、ゴムの伸縮で腕を動かせますが常に圧迫感があり自然と気を付けの姿勢にさせられます。



Groin Protector



みんな大好きチン〇アーマー、SPEAR BALCS用と同じサイズでソフトアーマーが互換です、
防弾プレートが1枚入るポケット付き。




Kit Carry Bag


今回地味に気に入った品です、程良いサイズの収納バッグになります。


内側に防弾プレートを収納出来るポケット付き。




つづく  
タグ :MSAPRG

Posted by KAM at 00:45Comments(0)

2013年05月12日

GAZA戦に参加してきました!

本日GAZAにて開催された510UNIT、ピースメーカー共催の交流戦に参加してきました!
















本日は主催の510UNIT様並びにピースメーカー様お疲れさまでした!
またご一緒した参加者の皆様も暑い中お疲れ様でした!
また是非ご一緒しましょう!









私は今回ミリフォトネタ装備でした、Mk12mod1にRBAVとあまり他に見られないレンジャーを真似ています。

持ってて良かった箪笥の肥やし、BHIハイドレーションキャリアOD


草で見えませんが珍しくM9拳銃をハンドガンマグポーチを増設したRLCSホルスターに挿しています、
レンジャーは確認した画像の統計上殆どの隊員が拳銃を携帯していないため、こういった特定の装備を除いて私も携帯しない事を心がけています。

フロントは見えないので何人かの隊員を足して割ったような感じにしています。
マガジンポーチは先日「へべれけそるじゃー」TOM氏に頂いたDBT製.308オープントップ(ありがとうございます!)
胸にはあるレンジャーの大尉を真似てMSAPサイドプレートポーチの上にハンドガンマグポーチにしました。


実は今日は電車での移動だったのですが、お友達がフィールド↔駅間を送迎してくれました!どうもありがとうございます!
  

Posted by KAM at 23:12Comments(8)

2013年05月06日

レンジャーのANVIS

今日はレンジャーでも使っているANVIS(Aviator's Night Vision Imaging System)の事など。


そもそもこの暗視システム自体が航空機搭乗員用らしいのですが、本家空軍特殊の方々やデルタがバリバリ使っていたり
陸軍特殊やレンジャーでも使用されているのを確認しています。


レンジャーでも使用されているタイプで特徴的なのがこの後頭部のバッテリーボックスですね、AVS-6,9,10等の対応暗視装置は本体に電源を持たない構造です。
この構造のおかげで暗視装置装着時のヘルメットの重量バランスが比較的良好ですね。
ちなみにバッテリーをマウントに入れるタイプの物もあるほか、Wilcox等でもAVS対応のマウントを作っているそうです。




レンジャーでもそこそこの割合で使用していて、比較的古い画像から今年の画像まで使用されている息の長さもコス的な強みです、でもMaritimeは勘弁な。
私的にはこのバッテリーボックスを取り付けたシルエットが恰好良く感じます。

画像が荒いものばかりですみませんが、恐らく使用されている暗視装置はAVS-6と思われます。




ANVISマウントの取り付け方法は複数ありますが、レンジャーはACHのライノマウントベースやMaritimeのVas Shroudに
専用の板噛まして付けているようです。





今回手放すという方から、以前国内の方が作られていたAVS-9のレプリカを譲って頂きました、ありがとうございます!




AVS-6が欲しいところですが無いんだから仕方ありませんね。


先日関西から遊びに来たレンジャー装備仲間の方とANVIS談義に花が咲きました。







  
タグ :ANVISAVS 6AVS 9

Posted by KAM at 17:08Comments(0)

2013年04月24日

4月7日RAID戦

先日ピースメーカー様主催のRAID戦にお邪魔してきました。

























頂いた画像も使わせて頂きました、小五さんありがとうございます!
  

Posted by KAM at 00:38Comments(0)

2013年04月20日

HEL-STAR 5

先週ピースメーカーさん主催のRAID戦に参加しまして、今日画像を弄りつつ記事を書いていたんですが全てフッ飛びました…畜生。

最近レンジャーのヘルメットに気になるストロボライトが見られるようになりました、実は結構前からレンジャーランデブーなんかで見てはいたんですが、その時の着用者はレンジャーではない特徴が見られるのでスルーしていました。





Core-Survival製のHEL-STAR 5です。


残念ながら実物が手に入らず、今回入手したのはFMA製のレプリカです。



レプリカですがちゃんと白緑ストロボ、緑点灯、IRストロボとして機能します。  
タグ :HEL-STAR 5

Posted by KAM at 19:35Comments(0)

2013年04月07日

RBAV 2

前回の続き。





バックパネル下部を開けるとカマーバンド接続部分が見えます。


Internal Waistband
左右がありますので注意。


片方が金具を通して固定となり、リリースの際も外れるのが片側のみとなります。


取り敢えずケーブルを通す準備まで行います。


Outer Cummerband
こちらには左右はありません。


肩部と同じように上から順に固定していきます。


カマーバンドを固定し終えたら余ったケーブルの端末を画像の様に差し込みます。


カマーバンドの接続終了


Shoulder Pad
MSAP等のDeltoid Protecterが取り付けられる造りになっています。


パッド取り付け後



RBAV完成です。


負傷時などにちゃんと使えるのか試しにクイックリリースしてみます。



ケーブル引き抜いて…。


胸倉と腹や、脇を掴んでグイッと!


ウエストバンドの取り外せる側を抜いて終了です。

…ウエストバンド邪魔かもしれませんね。


バックパネル内部に余裕があるのでハイドレーション入れてみます。


…3ℓだとまず入らず、1.5ℓでも少なめじゃないと入りませんね。



(画像上右端及び2枚目は現在インストラクターやっている元レンジャーの現役時代の写真)
DBTの308用オープントップ買っとくべきでした。

2回にわたってRBAVを取り上げてみましたが、今のところ狭い年代の画像でしか見つからないRBAVよりもMBAV(PC with Cummerband)がお勧めです。



まぁそれよりも更に幅広く使えるRBSSが本当は最強ですが手に入りません…orz  

Posted by KAM at 20:54Comments(0)